top of page

だしソムリエ1、2級講師紹介

土居幹治

土居幹治

マルトモ株式会社専務取締役
マーケティング本部長
農学博士

東京(1級)

鈴木広明

鈴木広明

中国料理とだし

四川飯店取締役副社長 総料理長

現在は取締役副社長、総料理長を務める。
また、日本中国料理協会役員も務め、TV及び雑誌などの他、料理学校の講師などでも幅広く活躍中

東京(1級)

長坂久美子

長坂久美子

栄養学

東京(1級)

鈴木邦彦

鈴木邦彦

かつお節

ヤマキウ株式会社代表取締役
1986年入社後、営業・製造・仕入の各部署より常務取締役を経て、2014年に代表取締役。

大阪(2級)

佐藤 竜治

佐藤 竜治

昆布

株式会社 磐城屋(いわきや)専務取締役。

10年のサラリーマン修行の後、平成15年より現職に。
業務用専門の海産物卸売業(海藻中心)として都内近郊において日本料理店の味のベースとなる「だし」の一角を担う「昆布」でお客様の一助となるべく日々奮闘中。

東京(2級)

小川克久

小川克久

煮干し

株式会社寿屋商店 代表取締役。

築地で煮干し類・乾物を扱う問屋「寿屋商店」を営む。

東京(2級)

岸本隆吉

岸本隆吉

乾しいたけ

菌興椎茸共同組合 常務

大阪(2級)

鳥居嗣代

鳥居嗣代

乾しいたけ

だしみらい代表 今村さんちの香りしいたけ(株式会社今村建材 取締役) 
農業の【作る】を【伝える】【繋げる】へ…をキーワードに、実家で営むしいたけ農家やだしソムリエ、食育講師をライフワークに活動中。

東京(2級)

冨澤浩一

冨澤浩一

和食とだし①日本料理

日本料理 よし邑 総料理長
山形県山形市出身
(公社)日本料理研究会 専務理事 師範
(社)全国日本調理技能士会連合会 常務理事 師範
東京都優秀技能章 江戸の名工 東京マイスター

東京(1級)

杉なまこ

杉なまこ

「だし」「調味料」「調理法」の関係

料理家・
フラワーデザイナー
幼少より料理や花等に深い感心を持ち、学生時分より花に携わる。 いくつかの料理やお菓子のコンテストでの入賞を経て、フードビジネス、外食産業の世界に転職し、主に商品開発、レシピ開発、販売促進等に携わる。

東京(1級、2級)

稲葉奈緒美

稲葉奈緒美

うま味

フードマーケティング ディレクター

企業や自治体へのコンサルティング活動の傍ら、大学、専門学校、カルチャースクール、各種セミナーの講師としても活動。

東京(2級)

荻野目望

荻野目望

かつお節

1952年東京都生まれ。株式会社にんべん入社 同年研究開発部に配属。食
品衛生微生物分析、かつお節・削り節の基礎応用研究、かつお節優良カビの応用研究及び調味料の商品開発を担当。

東京(2級)

池田正

池田正

かつお節以外の節

有限会社池田物産 代表取締役。

原料節卸・削り節製造卸問屋として、数多くの蕎麦店の現場経験を積み日本蕎麦店や飲食業新規開業などに関わり、だしつゆのプロデュース・アドバイスも行っている。

東京(2級)

榊原隆典

榊原隆典

煮干し

有限会社カネ光水産代表取締役
愛知県碧南市にて
愛知県産100% 天日干し100%に
こだわり、ちりめんじゃこ、小女子、丸干し鰯などの水産加工をしています。

名古屋(2級)

鈴木あゆみ

鈴木あゆみ

日本と世界の『だし』

自由ヶ丘クッキングスタジオ代表取締役。
名古屋文理大学非常勤講師。

名古屋(2級)

森大祐

森大祐

うま味

名古屋外国語大学外国語学部英米語学科卒業。在学時に海外の世界と接し、日本の食文化に興味を持つ。和食の世界を経て実家の寿司店へ

名古屋(2級)

杉浦仁志

杉浦仁志

西洋料理とだし

ONODERA GROUP  エグゼクティブ・シェフ
大阪府出身。
2009年渡米。全米で約50店のレストランを展開するパティナ・レストラン・グループの創業者兼シェフ、ジョアキム・スプリチャル氏のもと、LA・NYCのミシュラン星つきレストランで感性を磨き技術を習得する。

東京(1級)

丸山健太

丸山健太

和食とだし①ラーメンとその他麺類

有限会社栃尾 代表取締役社長

新潟生まれ埼玉育ち。
日清製粉をはじめ全国の製粉メーカー代理店の小麦粉卸販売会社にて従事。

東京(1級)

辻井よしみ

辻井よしみ

うま味

オプティマルキッチン 欒 (おうち)
飲食店営業 28年 
飲食店の厨房の経験を家庭料理のシステムに取り入れ、可能な限りオーガニックでレシピに頼らない簡単で最適なあなた仕様の料理方法を探究士教えています

大阪(2級)

和氣 弘明

和氣 弘明

昆布

明治20年に曾祖父である和氣五衛
門が創業した(株)和気食品の代表取
締役を務める
昭和53年より昆布業界一筋
日本古来の食文化のひとつの昆布
の良さを多くの人に伝える伝道師的
役割を任とする

東京(2級)

小笠原香織

小笠原香織

かつお節以外の節

愛知県名古屋市にて、削り節の製造、及び販売業を営む「株式会社ボニト」社員。
ボニト社員として、また、だしソムリエStyle認定講師として、「おだし」を広める活動を展開中。

名古屋(2級)

小川晃徳

小川晃徳

乾しいたけ

山百合荘豊邦直売所
椎茸生産、地元野菜の販売、名古屋コーチンの飼育 など。乾しいたけ生産のスタートは約40年前、祖父が持ち山の木を切って植菌するところから。現在は、年間榾木3000本に植菌し生産している。

名古屋(2級)

藤橋健太郎

藤橋健太郎

昆布

戦後より大阪にて昆布佃煮の製造販売を営む「こんぶ処永楽」の三代目。
現在、大阪市北区にて昆布卸売りの「大阪梅田永楽」と、西宮市苦楽園口にて保存料、合成着色料無添加の塩昆布佃煮店「こんぶ処永楽」を営む。

大阪(2級)

河口晶

河口晶

煮干し

て2017年から日本の家庭料理の土台「だし」を国内外の人に向けて発信している。「だしがわかると料理がわかり、生き方が変わる」を伝えるべく、じぶんダシ研究家として地元はもとより、各地で精力的に活躍している。徳島県在住

大阪(2級)

bottom of page